「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

今日お話するのは、小学生高学年~中学生くらいの成長期にかけての膝の痛みのお話しです。

一般的に『成長時痛』と呼ばれますが、成長時痛とはどういったメカニズムなのでしょう?子供の骨は成長に伴って、どんどん長くなってきますが、特に小学校高学年~中学校くらいの成長期になると急激に発達します。

ところが、筋肉が骨の発達スピードに追い付かず、骨にグイグイ引っ張られてしまいます。結果、伸ばされた筋肉と骨とのつなぎ目(膝のお皿の下)の部分に負担がかかり、痛みが出やすくなって来てしまいます。

成長期の子供なら誰にでも膝の痛みが出てくる可能性はありますが、特に、サッカーのように膝周りの筋肉に負担がかかるスポーツをしている子供に多くみられます。

成長時痛は、成長期が終わるまでは出やすい状態が続きますが、適切なケアを行う事で痛みを抑える事ができます。吉祥寺サンロード整骨院では痛みの原因となる筋肉を的確に施術するとともに、痛みの出にくい身体にするためのストレッチなどのアドバイスもしっかりとしていきます。膝の痛みをはじめとして、成長時の身体の痛みでお困りの方は、吉祥寺サンロード整骨院までお気軽にご相談ください。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP