「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

今年は診療報酬・介護報酬の改定が同時に行われるそうです。診療報酬・介護報酬は私たちにどう関係しているかというと病院で払う点数や介護のサービスなどを受けたりするときの負担が変化することがあります。
「少子高齢化・団塊の世代の方が後期高齢者へと変わっていく」などニュースや新聞などで色々な事を取り上げられていますよね。今まで社会を支えてくださった方たちを支える側が少なくなってきて均衡が保てなくなるというのもわかります。
後期高齢者と枠決めされても元気な方が多いですし、高齢というイメージとは最近かけ離れていますよね。当院に来られる方たちでもアクティブに動かれていたり、働き続けている方、お洒落でお出掛けが好きな方など多くみられます。そういう姿を見ると自分自身もこうなりたいなぁと思います。
しかしながらそのような方達も心配があるんです。それは「10年後20年後とはいわない。3年後、5年後も同じように動けるようにしていたい」と言われます。
当院ではそのような悩みの方に丁寧にご説明をしています。人間の身体の筋肉は最大の出力の2〜30パーセントは使っていないと落ちてきてしまいます。日常生活の中では動く量も年齢とともに少なくなりますし、代謝も落ちてしまいます。その時に支えてくれる背骨が歪んでいたらどうなるでしょうか。
支えられないでいる身体には常に同じ場所に力がかかりやすく、その部分の骨が変形したり、骨折をしたりしやすくなります。
骨が変形してしまったりするともう戻りません。ですが変形したからとはいえ周りの筋肉や背骨が上手く支えてくれれば大丈夫な事もありますので、「もう動けなくなる‥」なんてことはそんなにないです。ただ周りの部分を今まで以上に大切にケアをしていく必要がありますので当院の深い部分からきちんとケアをしましょうとお話しします。
これからもご自分やご家族が健康に元気に過ごす為にと思われる方は、当院にいつでもお越しくださいね。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP