「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

皆さん、こんにちは。4月に入り、暖かい日が増えてきて、過ごしやすい季節になって来ましたね。この時期は何かと新しい事や環境にチャレンジされる方も多いかと思います。それに合わせてお身体の状態を良くしようと思われておられる方も多いようです。
今回は、よく利用者様からご質問を受ける「骨盤の歪み」についてお話しして行こうと思います。
そもそも骨盤とはどんなものでしょうか?骨盤は二枚の平たい骨(腸骨)とお尻の中央にある骨(仙骨&尾骨)がくっついて出来ています。そして、その骨と骨の間はあまり動かない関節でついています。骨盤の歪みはこの関節が少し動いてしまったり、骨盤自体が傾いてしまったりして起こります。
骨盤の歪みは腰の痛みや股関節の痛みを発症するだけでなく、肥満や生理不順などお身体に様々な影響を与えます。また、骨盤などの腰周りの骨や筋肉はお身体の中心に位置するため、お身体全体の歪みに繋がります。
何故骨盤は歪んでしまうのでしょうか?
そもそも骨盤はかなり無理な力が加わらないと歪みません。(ご出産などの場合は多少歪みます。)一般的に生活の中で骨盤が歪んで来るのは、普段の姿勢が関係して来ます。
例えば、猫背になると、骨盤が後ろに後傾してしまいます。(背中を丸めて座っている状態です。)骨盤の平たい骨(腸骨)は縦に立っていると左右にはぶれませんが、後傾してしまうと、平たいために左右に傾いてしまいます。この時、骨盤が歪んでしまうのです。つまり、骨盤の歪みを防ぐには、骨盤が後ろに傾いて寝てしまわないように、骨盤を立てておく必要があります。
骨盤を立てておくには、骨盤についている背骨全体を正しい位置にしておく必要があります。腰、背中、首の背骨の位置が正しい位置にあると、骨盤は自然に立って来ます。
つまり、骨盤の歪みを防ぐには、正常な姿勢を保つ必要があります。
吉祥寺サンロード整骨院では、姿勢を正し、骨盤の歪みを防ぐB&M背骨歪み整体を行っております。骨盤の歪みでお悩みの方は是非一度ご相談くださいね。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP