「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

皆さん、こんにちは。5月に入り、暖かい気持ちの良い気候が続いております。何かと活動的になれる季節ですが、5月や6月は、5月病、6月病と言われる症状でお悩みの方が増えてきます。この、5月病、6月病は「何だかやる気が出ない」、「体が何故か痛い」などの症状が出るものですが、今回はその原因と対処法についてお話しして行こうと思います。
まず、5月病や6月病とは5月や6月になると出てくる症状で、この症状には「自律神経」が大きく影響してきます。
自律神経はお身体の中で本人の意思では制御できない(自律して自分で動く)事を司っています。
例えば汗をかくとか、震えが起こるとか、食べ物を消化する、などです。
5月や6月は天候も移ろいやすく、気温や気圧も変わりやすいです。
暑いときに、自律神経は血管を拡げて血液の流れを良くして血液の滞留を防ぎます。(血液は暖かいので)そして汗腺(毛穴)を開き、汗を出しその汗が乾く事で、体温を下げようとします。また寒い時は血管を収縮させて血液を滞留させ汗腺を閉める事で体温を保とうとします。また、気圧は天気が悪くなると低くなり、良くなると上がります。この変化に対しても自律神経はお身体の中の圧力を一定に保とうと、頑張ります。
このように自律神経は気温や気圧の変化に対して敏感に動こうとします。
春先の5月や6月はこの気温や気圧が不安定のために自律神経はいつも以上に頑張らないといけません。
ゆっくりとした気温や気圧の変化には自律神経はしっかり反応しますが、一日の中で気温や気圧が急激に変化すると、ついていけません。
変化についていけないと自律神経は乱れてしまいます。
自律神経は精神的にも関わってきます。
リラックスしたら副交感神経が優位にたったり、緊張したら交感神経が優位にたったりします。
ですから自律神経の乱れやすいこの時期はリラックスと緊張のバランスも上手く保てないので精神的にも安定しないようになってしまうのです。
筋肉は血流が悪ければ硬くなって行きますし、血流が保たれていれば柔軟性を保つ事が出来ます。
ですから血流が安定しないこの時期は急に筋肉が固まったりするのでお身体に痛みを感じるのです。
精神的にもバランスがとれなくなって、「鬱」などの症状を発症する場合もあります。新しい会社に入るなど、生活の環境が大きく変わるのもこの時期ですので、さらに精神的にストレスが加わるのでなおさらです。
この時期、自律神経を安定化させて、5月病、6月病を防ぐには、まずお風呂にゆっくり浸かってお身体を温めましょう。(お風呂の温度は少しぬるめで好きな香りの入浴剤などを入れると更にリラックス効果も上がります。)
また、胃腸への負担を減らすためにゆっくり噛んで食べましょう。(ゆっくり噛む事で、自律神経の安定化にも繋がります。)
精神的なストレスの軽減にはどうしたら良いのか?というと、簡単に出来るものとして、「呼吸」の仕方を変えると良いと言われています。
ストレスが大きい時は、交感神経という自律神経が優位にたっています。これを副交感神経が優位にたつようにしてある種のリラックス状態を作るには、ゆっくり呼吸をして、更に吸う息(鼻から)より吐く息(口から)を倍の長さですると、良いです。
このように、自律神経を安定化するのは、わりと簡単な事から始められます。
皆さんも5月病、6月病を防いで快適に過ごしましょう。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP