「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

こんにちは
超大型連休のGWから早2週間経ちましたね。
10連休に限らず、連休後は身体がついていかず、いつも以上に疲れることが多いので話はないでしょうか?
特にこの時期は、新社会人になった方や、親元を離れ一人暮らしを始めた方、心機一転色々なことをスタートされた方々は、4月の張り詰めた緊張感から抜け出し、その疲れがどっと来ることが多いです。
そして大型連休を終えたことにより、休みと仕事のリズムの変化から体調を崩したり、いつも通りの仕事のはずなのにいつも以上に疲労を感じやすくなります。

このような状態を世間一般では 五月病 とも言われます。ただ、五月病という病名はなく、医学的には うつ、適応障害、パニック障害 などという病気として考えられることもあります。
五月病が起こる大きな原因は主にストレスが関係しており、環境の変化や、燃え尽き症候群、対人面のストレスといったその人に掛かるストレスが大きく関係しているようです。
五月病自体は誰でもかかる可能性があり、一時的なやる気の出ない状態だったり、気分が優れない状態であればすぐに元に戻りますが、動悸やめまい、睡眠障害などが起きてしまうと一気に体調自体も崩れやすいです。

こういったことを防ぐために、普段から予防できることがあります。
趣味がある人はその趣味を続けたり、同じ境遇の人と会って話して気持ちをリフレッシュすることも大切です。また、適度な運動や太陽に当たることで体内時計がリセットされ、身体のリズムが整います。
文にしてみると簡単なことのようですが、意外とこういったことを見逃してしまうこともあるのです。何か大きなことをしなくても、毎日小さなことを意識していくだけで五月病だけでなく、そこから始まってしまう鬱などの症状も回避しやすくなります。

これから季節の変わり目にも差し掛かります。
ぜひ、日頃から小さなストレスが取れるように意識していってくださいね

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP